小林 晋

職人の真の「業」を求めて

小林 晋

こばやし しん

左官という仕事との出会い、きっかけ

元の仕事は幼稚園教諭でした。ただ、昔から物を作ることが好きで、そのような仕事に携われたらと思っていたところ、左官の仕事を紹介していただき、この世界に飛び込みました。

仕事をはじめてのからの道のり、楽しみ、難しさ

もちろん初めは何をしていいのか、わからないことだらけです。

ですが、現場で先輩方が壁を綺麗に仕上げていく姿を目の当たりにすると、自分もこんな風に仕上げてみたいやる気が込み上げてきます。
そして、一つ一つの些細な「できた」が大きな喜びを感じさせてくれます。

今後の目標、夢

今はまず「仕事を覚え、練習すること」が一番です。日々の積み重ねを怠らず、技術を身に付け、周りに認めてもらえるような職人になりたいです。

職人紹介一覧

  • 那須塩原市 外塀リニューアル

  • 引き続き塀のペンキ工事を行なっています。 仕上げはマスチックローラーで柚肌仕上げになります。 均等に塗料を塗りつけパターンをつけます。 夏場は乾燥も早いのでチームワークを発揮し仕上げ
    >>詳しく見る
  • イベント情報
  • 価格メニュー