那須町で外装リフォームをされたS様の声

picture.jpg

『感謝の声』
2009年3月に外壁が「天然スイス漆喰カルクウォール」(以下、スイス壁)で完成した家をセカンドハウスとして購入しました。
3年位で雨水による劣化が目立つようになり、3回ほどスイス壁材で上塗りをしましたが「スイス漆喰カルクウォール」は防水効果は無く、耐久性も無く、希望する結果が得られませんでした。

2017年12月17日、困惑状態の時WEB検索で阿久津左官店を知りました。
早速、WEBで問い合わせをしてから、2018年1月9日に、夫婦で阿久津左官店を訪問しました。
過去の「スイス壁」の問題点の説明を行い、耐久性に優れている外壁材の打合せを行いました。

ジョリパットは「デザイン性と耐久性に優れた塗り壁」であると説明を頂き、スイス壁材をすべて剥がして、新たにジョリパットを塗布することにしました。
私たちは、阿久津左官店にお願いすれば、満足できる外壁が完成すると確信を持ちました。

工事は、雪解けの3月下旬からスタートして、4月下旬に完成しました。
4名の壁の匠の職人さんが、古い壁材をきれいに剥がし、ジョリパットの2回塗りで、扇型パターンで仕上げて頂きました。

サイディングと飾り板の隙間のコーキング処理補修と、木部の塗り直しをして、どれも満足な出来上がりで感謝いたしております。
職人さんの丁寧な作業で、完成した外観は、まるで新築のようです。
阿久津社長をはじめ、壁の匠の社員の皆様の対応に心から感謝致します。

そして、伝統建築に取り組む姿は、社長自ら切磋琢磨し、匠の技の習得に励む姿勢に、感服しております。お世話になりました。

外装リフォーム後のお写真

picture2.jpg

  • 那須塩原市 土間コンクリート仕上げ

  • 今回は那須塩原市内の現場にて倉庫の土間コンクリート仕上げを行いました。 少し風が冷たかったですが天気も良く生コンが固まるのが時期的には早く明るいうちに仕上げることができました。 これ
    >>詳しく見る
  • イベント情報
  • 価格メニュー