阿久津 一志

壁を塗る親父の背中に憧れた 左官の技術でお客様のイメージを具現化します。

代表取締役

阿久津 一志

あくつ かずし

左官という仕事との出会い、きっかけ

親父が左官職人で子供の頃から親父が壁を塗る姿を見ていました。
大きな壁を平らに仕上げるその姿に憧れを感じていました。
しかし、私が最初に選んだ仕事は設計の仕事でした。

設計士になり親父に仕事を出せるような人間になりたいと思いましたが、ゼネコンに数年勤めてやはり左官の仕事を始めることになりました。蛙の子は蛙なんですね。

仕事をはじめてのからの道のり、楽しみ、難しさ

私は左官の道へのデビューは20歳の時、職人の道に入るのには少し遅めだったかもしれません。

一級左官技能士の資格を取るために6年間一生懸命修業をしました。左官の技術を習得するのには本当に苦労をしました。あの時の努力が今の自分を創ってくれたのだと思います。

左官はとても奥が深い仕事ですが、仕上がった時の達成感お客様に喜んでいただけたときの感動はたまりませんね。
大変だけどとてもやりがいのある仕事です。

今後の目標、夢

これからの時代を担う左官職人をどんどん育成したいですね。
壁の匠左官道場から日本一の左官職人を輩出したい。

職人紹介一覧

  • 那須塩原市 土間コンクリート仕上げ

  • 今回は那須塩原市内の現場にて倉庫の土間コンクリート仕上げを行いました。 少し風が冷たかったですが天気も良く生コンが固まるのが時期的には早く明るいうちに仕上げることができました。 これ
    >>詳しく見る
  • イベント情報
  • 価格メニュー